チキンショップまさき

(前 政木鶏肉店)

のあゆみ


1949年

森 鶴松とその養女の政木マサエが旧本渡町、公益市場に天草で初めての鶏肉専門店「政木鶏肉店」を創業する。

1964年10月  

本渡中央商店街 大火。店舗を焼失する。


1965年1月  

近所の八百屋の一部を間借りし、営業を再開する。

1966年8月  

現店舗が完成。

森 鶴松の養子で、政木マサエの二男である森 正弘が、若鶏の丸焼き「まさきの丸焼き」を考案。販売を始める。

2002年11月

熊本県民テレビ(KKT)で初めて「まさきの丸焼き」が紹介される。

これがメディア初登場であった。

2012年2月  

株式会社 Mori's設立。法人となる。

 

 

2012年3月  

屋号を「政木鶏肉店」から「チキンショップまさき」に変更する。

 

 


スタッフの思い


チキンショップまさきの鶏肉は、70年以上、ここ天草の食卓を飾ってきました。

 

時代は変わりますが、変わらない味に、こだわっていきたい。

 

いつの時代も、この味を思い出していただきたい。

 

いつの時代も、懐かしい美味しさを子供たちに残していきたい。

 

50年後、100年後も天草の味として残していきたいと考えています。